<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハイデガー研究会2016年12月例会案内

ハイデガー研究会2016年12月例会案内

日時 2016年12月18日(日) 13時~18時
場所 立正大学品川キャンパス 311教室(3号館1階)
備考 当日は、正門が空いています。

1.黒ノート輪読会 13:00-14:10

担当:渡辺和典(学習院大学) 司会:陶久明日香(成城大学)
訳読範囲:Überlegungen VI, in: GA94, No. 11(S. 426)~19(S. 430)

2.翻訳発表1   14:20-16:05
担当:木村史人(立正大学)
Seinserfahrung und Übersetzung. Hermeneutische Überlegungen zu Heidegger, in: Günter Figal, Zu Heidegger : Antworten und Fragen (Heidegger Forum Bd. 1), Frankfurt a. M., 2009. S. 173-184

3.翻訳発表2   16:15-18:00
担当:串田純一(早稲田大学)
Heidegger als Aristoteliker, in: Günter Figal, Zu Heidegger : Antworten und Fragen (Heidegger Forum Bd. 1), Frankfurt a. M., 2009. S. 55-81

※翻訳プロジェクト参加者の方はできるだけご出席いただきますよう、お願い申し上げます。

[PR]
by HeideggerAT | 2016-11-30 22:53

ハイデガー研究会2016年11月例会報告

2016年11月13日(日)に、立正大学品川キャンパスで行われた、ハイデガー研究会11月例会について報告します。

今回は、前半は『黒ノート』(ハイデガー全集94巻)の輪読会(担当、陶久明日香氏)、後半は、川端愛氏による研究発表「がんの治療のラストラインを迎えた患者さんの語り」でした。

前半の『黒ノート』輪読会は、今回より金成祐人氏の下訳をもとに、ÜberlegungenⅥからのスタートとなりました。今回の箇所では、用語上の問題としては、WesenやAbgründeをどう訳すのか、内容的には、「神々からの解放」と「偶像」との関係、民族の「空間」と「場所Platz」との相違、「古典主義」や「歴史主義」への批判的言及などが、議論されました。特に、カントの『判断力批判』を示唆するような「嗜好Geschmack」と「美しさ」との関係性などについて、検討されました。
f0057514_22480716.jpg
後半の川端愛氏による研究発表「がんの治療のラストラインを迎えた患者さんの語り」では、セカンドライン(がんが再発転移し治療を始めた段階)の患者さんへのインタビューの分析において、『存在と時間』におけるハイデガーの現存在分析、特に「死」や「共存在」の分析が有益であることが指摘されました。インタビューの中では、病気を受動的に引き受ける際は「我々」と語っていたのに、病気へと能動的に向かっていく際には「私」として語られるという一人称の問題、本能的な決定とそれを振り返ることとの関係、死を見つめたうえで「物・道具」との関わり方が変わっていくことなどが指摘され、それらがハイデガーの思想とどう結びつくのか/つかないのかについて、議論が盛り上がりました。

f0057514_22475738.jpg
次回のハイデガー研究会例会は12月18日(日)を予定しております。ぜひご参集ください。

[PR]
by HeideggerAT | 2016-11-30 22:48

ハイデガー研究会2016年11月例会案内

ハイデガー研究会 11月例会案内

日時 11月13日(日) 14時~18時
場所 立正大学品川キャンパス 932教室(9号館3階)
備考 9号館1階は施錠されているとのことですので、地図を確認の上、地下1階入口よりお入りください。

1.黒ノート輪読会 14:00-16:00
担当:陶久明日香(成城大学) 司会:齋藤元紀(高千穂大学)
訳読範囲:Überlegungen VI, in: GA94, Nr. 1(S. 420)-Nr. 10(S. 425)

2.研究発表 16:15-18:00
担当:川端愛(聖路加国際大学)
『治療のラストラインを迎えた、がん患者さんの語りの分析』


[PR]
by HeideggerAT | 2016-11-04 00:45