<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年4月ハイデガー研究会例会案内

2014年4月のハイデガー研究会例会は、4月27日(日)を予定しています。
詳細は、決定次第お知らせいたします。
[PR]
by HeideggerAT | 2014-03-31 21:17

『黒ノート』輪読会の開催のお知らせ

『黒ノート』輪読会の開催のお知らせ

ハイデガー研究会では、2014年4月の月例研究会より、『省慮(Überlegungen)』と題された全集94・95・96巻収録の通称『黒ノート』(Schwarze Hefte)の輪読会を開催します。

f0057514_2110717.jpg


『黒ノート』は、既刊著作や講義録の刊行ののち、ハイデガー自身が全集版として刊行を指示した個人的なノートであり、2014年の2月と3月にようやく刊行されました。94巻は1931-38年のノートを、95巻は1938/39年のノートを、そして96巻は1939-41年のノートを収録しています。黒い表紙にちなんで『黒ノート』と呼ばれていますが、そこに収められた反ユダヤ主義的文言をめぐって、刊行以前からドイツやフランスのメディアを巻き込んで大きな議論となってきました。

ハイデガー研究会では、一面的な批判や擁護ではなく、こうした発言の事実に正面から向き合うとともに、政治的・社会的含意も充分に考慮に入れたうえで、その思想的内実の哲学的究明に取り組みたいと思います。

じっさい『黒ノート』には、反ユダヤ主義的文言や国家社会主義への言及ばかりでなく、前期の『存在と時間』に対する自己反省や、ニーチェをはじめとするさまざまな哲学者との対決、さらには「転回」を画する『哲学への寄与』等のテキストにみられる独自の諸概念についての言及も含まれており、ハイデガー哲学の最深部を究明するための第一級の資料と言って過言ではありません。

しかしまた『黒ノート』は個人的なノートであるだけに、その究明にあたっては、断りなく前提とされている数多くの著作や講義録、断片との比較検討も必要です。ハイデガー研究会では、専門研究集団としての知識を結集してその困難な読解作業に挑むとともに、月例研究会における輪読会をはじめ、シンポジウムや刊行物等をつうじて、その研究成果を公開していきます。

ハイデガーに関心を寄せるみなさまの輪読会へのご参加、お待ちしています。

ハイデガー研究会運営委員一同
2014年3月31日
[PR]
by HeideggerAT | 2014-03-31 20:02

3月第2回ハイデガー研究会例会案内

3月第2回ハイデガー研究会例会案内

日時:2014年3月30日(日)14:00-19:45
会場:立教大学:7号館 7201教室
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/

プログラム
1.輪読会14:00-15:45
「同一性と差異」
担当:庄子綾(法政大学) 司会:伊藤良司(慶應義塾大学)
訳読範囲:Identitaet und Differenz, in: GA11.
範囲は、S. 46.下から二行目Das Ereignis als Er-eignis denken,...からS. 50の終わりまで。

2.研究発表(1)16:00-17:40
発表者:大江倫子(首都大学東京)
「脱構築とハイデガーの遺産相続―存在論的差異から差延へ」

3.研究発表(2)17:50-19:30
発表者:景山洋平(埼玉大学)
「自然の知覚経験の遡行的分析とその感性的表現可能性について : 出来事としての自然 (上)」
[PR]
by HeideggerAT | 2014-03-12 22:38

ハンナ・アーレント:人間的なものへの信頼 対談とディスカッション

『全体主義の起源』や『人間の条件』などで知られる、20世紀を代表する政治哲学者ハンナ・アーレント。混迷を極める現代世界の状況下で、彼女の思索への注目度はますます高まってきている。彼女の政治的思索のキー概念「現れ」や「あいだ」とはどのようなものなのか。また、彼女はなぜ論争を生むような『イエルサレムのアイヒマン』を書いたのか。さらに、彼女は広島、長崎への原爆投下を20世紀における決定的な出来事として捉え、きわめて重要な原子力論を展開している。以上のような観点を押さえ、現在アーレント研究の第一線で活躍する二人の研究者、矢野久美子氏(フェリス女学院大学)と森一郎氏(東北大学)を迎え、二人の対談を通じて、ハンナ・アーレントの思索の全体像を捉える。

【対談】
日時:2014年7月25日(金)・9月26日(金)・10月10日(金)(いずれも18:30–20:30)
場所:東京ドイツ文化センター
対談者:矢野久美子・森一郎
【ディスカッション】
日時:2014年8月22日(金)18時~
場所:東京ドイツ文化センター
司会:齋藤元紀・陶久明日香

ハンナ・アーレントに関心を寄せる人には見逃せないシリーズ企画。ぜひ奮ってご参加ください。参加無料、要参加登録。

http://www.goethe.de/ins/jp/tok/ver/ja12435234v.htm
[PR]
by HeideggerAT | 2014-03-10 18:20