<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

国際ワークショップ/レヴィナス、ハイデガー、ニーチェ――ディディエ・フランク氏を迎えて

国際ワークショップ
レヴィナス、ハイデガー、ニーチェ ディディエ・フランク氏を迎えて

来たる12月15日(日)、UTCP主催、ハイデガー研究会・レヴィナス研究会・CPAG共催、ショーペンハウアー協会ニーチェ部会協賛にて、ディディエ・フランク氏を囲んでの国際ワークショップを開催いたします。年の瀬のひととき、レヴィナス、ハイデガー、ニーチェをめぐって議論を楽しみたいと思います。みなさまぜひご参加ください。

f0057514_114343.jpg


■日時:2013年12月15日(日)13:00-19:00
■場所:東京大学本郷キャンパス東洋文化研究所 大会議室
      地図・経路はこちら

■プログラム
第一部 研究発表
・平石晃樹(東京大学・ストラスブール大学)
" L'ontologie suppose la métaphysique ": l'ontologie lévinassienne
dans Totalité et infini.
「存在論は形而上学を前提とする」:『全体性と無限』におけるレヴィナスの存在論について
司会:小手川正二郎(明治大学・日本学術振興会)

・茂牧人(青山学院大学)
Ist ein anderes Christentum möglich?
もう一つのキリスト教は可能か?
司会:陶久明日香(学習院大学)

・大久保歩(東京大学)
The Body and Dionysus.
身体とディオニュソス――ニーチェにおける正義
司会:梅田孝太(上智大学)

第二部 講演会
・ディディエ・フランク(パリ西大学)
L'intentionnalité de l'impression.
印象の志向性
司会・馬場智一(東京大学CPAG)

■使用言語
第一部:英独仏および日本語(日本語原稿配布)
第二部:仏語(日本語原稿配布)
※日本語通訳あり

■入場無料・登録不要

主催
・東京大学大学院総合文化研究科・教養学部付属 共生のための国際哲学センター(UTCP)
共催
・東京大学東洋文化研究所グローバル化時代における現代思想(CPAG)
レヴィナス研究会
ハイデガー研究会
協賛
・ショーペンハウアー協会 ニーチェ部会
[PR]
by HeideggerAT | 2013-10-23 00:13

酒井潔著『ライプニッツのモナド論とその射程』合評会のご案内

酒井潔著『ライプニッツのモナド論とその射程』合評会
日時:2014年2月15日(土) 16:00
場所:東京ドイツ文化センター図書館
参加無料

f0057514_17462285.jpg


このたび、日本ライプニッツ協会、ハイデガー研究会、東京ドイツ文化センターの共催企画として、酒井潔著『ライプニッツのモナド論とその射程』(知泉書館、2013年5月)の合評会を開催いたします。

『モナドロジー』は、17世紀から18世紀にかけて活躍した万学の天才、ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツの哲学的主著です。わずか90個の命題からなる『モナドロジー』の中にはライプニッツ晩年の哲学思想がきわめて凝縮された形で表現されています。それゆえに、カント、フッサール、ハイデガー、デューイなど、多くの哲学者たちが、さらには宮沢賢治のような日本の詩人までが、ライプニッツのモナド論の哲学に対してさまざまなパースペクティヴからアプローチを試みてきました。今回合評会で取り上げる酒井氏の著書は、『モナドロジー』が近現代の哲学や文学に対していかに多彩で刺激的な論点を提供したか、またそれと同時にいかにユニークな仕方で受容されたかを明らかにしようとするものです。

他方で、ライプニッツはトマス・アクィナスやクザーヌスといった西洋哲学の伝統と対決しながら自らのモナド論の哲学を構築しました。酒井氏の著書は、ライプニッツのモナド論の哲学が西洋の哲学的伝統に対して持っている関係をも解明しようとします。したがって本書は、ライプニッツのモナド論の哲学が持っているポテンシャルをライプニッツ以前と以後から照射する、きわめて興味深い試みを提示していると言えるでしょう。この試みを受けて、酒井氏との積極的な対話の場を設けたいと思います。

今回は、コメンテーターとして齋藤元紀氏(高千穂大学)、村井則夫氏(明星大学)、山内志朗氏(慶應義塾大学)の3名にも加わっていただき、山根雄一郎氏(大東文化大学)の司会のもと、会場のみなさんとともに酒井氏を囲んで議論を楽しみたいと思います。ハイデガー研究者とライプニッツ研究者のみならず、中世から現代にいたる西洋哲学史、さらには比較思想研究に関心を寄せる方々にも、ぜひご参集いただければと思います。

プログラム
16:00~ 著者ご挨拶
16:10~ セッション1 齋藤元紀(高千穂大学)
17:00~ セッション2 村井則夫(明星大学)
17:50~18:00 休憩
18:00~ セッション3 山内志朗(慶應義塾大学)
18:50~20:00 全体討議
司会: 山根雄一郎(大東文化大学)

こちらもご覧下さい。
http://www.goethe.de/ins/jp/tok/ver/ja11723908v.htm
[PR]
by HeideggerAT | 2013-10-17 17:46

第8回関西ハイデガー研究会例会案内

第8回関西ハイデガー研究会例会

日時:平成25年10月27日(日)午後1時30分から5時頃まで
場所:京都大学吉田南構内 大学院人間・環境学研究科棟433
  http://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/

研究報告1:鷲原知宏(関西大学)「後期ハイデガーの思索と気分の問題」
研究報告2:ワークショップ「ユンガーとニヒリズムの今」
   提題者:山本與志隆(愛媛大学)、竹内綱史(龍谷大学)、有馬善一(摂南大学)
[PR]
by HeideggerAT | 2013-10-03 12:21

2013年10月ハイデガー研究会例会案内

2013年10月ハイデガー研究会例会

日時:2013年10月27日(日)15:00-18:45
会場:立教大学14号館D602教室
場所 http://vc.rikkyo.ac.jp/facilities/ikebukuro/campusmap.html
使用可能機材、設備一覧 http://vc.rikkyo.ac.jp/facilities/ikebukuro/av-kizai/D602.html

プログラム
1.輪読会15:00-16:45
「同一性と差異」
担当:木元裕亮(東京大学) 司会:吉次基宣(ゲーテ・インスティトゥート)
訳読範囲:Identitaet und Differenz, in: GA11.
範囲は、S. 27-38. 第一段落終わりdes einen mit dem anderen.まで。

2.研究発表17:00-18:45
発表者:金成祐人(慶應義塾大学)
題目:「ハイデガーにおけるカントの世界概念の批判と受容」
[PR]
by HeideggerAT | 2013-10-03 12:19