<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6月ハイデガー研究会例会案内

6月ハイデガー研究会例会案内

 6月のハイデガー研究会は、訳読に加えて、二本の研究発表を予定しています。訳読では、いよいよアナクシマンドロスの箴言の本格的な解釈が始まります。また研究発表では、メタ存在論ならびに範疇的直観の問題と、ハイデガー解釈上の重要な主題についてご発表いただきます。次回もみなさんと、おおいに対話と議論を楽しみたいと思っています。みなさまのご参加、お待ちしています。

 なお、次回は会場でお知らせした時間よりも一時間早くなり、14:00より開始となります。ご注意ください。

************
日時:2012年6月17日(日) 14:00-19:00

会場:法政大学大学院棟2階201教室
http://www.hosei.ac.jp/campus/ichigaya/ichigaya.html


Map: http://bit.ly/Ktunr1


<プログラム>
1.輪読会14:00-15:50
「アナクシマンドロスの箴言」(GA5, S. 321-373)
担当:木村史人(立正大学)
訳読範囲:GA5, S. 332(Auf dem Gipfel...から)-338(Spricht er im fruehen Spruch
des Anaximander?まで).

2.研究発表16:00-17:20/17:30-19:00
(1)丸山文隆(東京大学)
「メタ存在論を手がかりとした、ハイデッガーの基礎存在論と眼前性の問題」
(2)津田良生(上智大学)
「ハイデガーの思索の道における範疇的直観の影響の批判的検討」
[PR]
by HeideggerAT | 2012-05-25 01:23

5月のハイデガー研究会例会報告

5月のハイデガー研究会例会は、前半で鷲原知宏さんによる訳読が、後半で瀧将之さんの発表が行われました。前半では、ハイデガーのアナクシマンドロスの解釈をめぐって、おおいに議論が沸きました。また後半では、ハイデガーの「存在させること」の意義をめぐって、活発な質疑応答が交わされました。みなさま、ご参加ありがとうございました。

f0057514_0571384.jpg


なお次回6月例会は、6月17日(日)を予定しています。
[PR]
by HeideggerAT | 2012-05-22 00:58

5月ハイデガー研究会例会案内

5月ハイデガー研究会例会案内

5月のハイデガー研究会例会の会場が正式決定いたしました。

会場は、202教室(通常の例会会場201教室のとなり)になります。
お間違えのないようお気をつけください。

今回も、「アナクシマンドロスの箴言」輪読と研究発表の二本立てを予定しています。
みなさま、ふるってご参加ください。

***
日時:2012年5月20日 15:00-19:00

会場:法政大学大学院棟2階202教室
http://www.hosei.ac.jp/campus/ichigaya/ichigaya.html

グーグルマップはこちらから。


<プログラム>
1.輪読会15:00-16:50
「アナクシマンドロスの箴言」(GA5, S. 321-373)
担当:鷲原知宏(関西大学)
訳読範囲 GA5, S. 326(Doch koennen wir...から)-332(Das Sein kommt zur Sprache als das Sein des Seiendenまで).

2.研究発表17:00-19:00
瀧将之(東京大学)
「原行為、後退すること、どうでもいいと思うこと――ハイデガー『哲学入門』講義における「有るがままに=存在させること(Seinlassen)」について」

***
[PR]
by HeideggerAT | 2012-05-04 00:10

ハイデガー研究会4月例会報告

先日の4月30日(日)、「新生」ハイデガー研究会の4月例会が法政大学大学院棟201教室で行われました。

「アナクシマンドロスの箴言」の講読第一回目と、個人研究発表「世界と自然―前期ハイデガーにおける全体性の問題」、いずれも30名あまりの方々と一緒に、活発な意見を交わしました。

記念すべき第一回目の順調な滑り出しに、運営スタッフ一同まずは安堵しています。

今後もハイデガーをめぐる活発な議論の場として、ますますの活性化を図っていきたいと思っています。

引き続き、ハイデガー研究会をよろしくお願いいたします。
[PR]
by HeideggerAT | 2012-05-04 00:05