<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハイデガー研究会7月例会案内

ハイデガー研究会7月例会案内
日時:7月27日(日)15時-18時
場所:法政大学92年館大学院棟7階703教室
プログラム::『プラトン、ソフィステース』輪読会
輪読範囲:第22節(GA19, S.144-156) 訳読担当:景山洋平氏(p144-151)、庄子綾氏(p151のb)から最後まで) 司会:齋藤元紀氏 *夏前最後なので振るってご参加ください。なお細川先生を囲む研究会(26日)の案内も回覧いたします。(以上、文責:相楽)

特別研究会のお知らせ
細川亮一先生を囲んで
――『道化師ツァラトゥストラの黙示録』をめぐって――
今回、九州大学の細川亮一先生をお招きして、下記のとおり特別研究会を開催す
る運びとなりました。是非ともみなさまお誘いあわせのうえ、奮ってご参集くだ
さいますよう、ご案内申し上げます。
周知のように、細川先生は、『意味・真理・場所―ハイデガーの思惟の道』(創
文社、1992年)や『ハイデガー哲学の射程』(創文社、2000年)、『ハイデガー
入門』(筑摩書房、2001年)をはじめとして、ハイデガーにかんする周到緻密な
ご研究を展開されてきました。またハイデガー研究以外にも、多彩な研究活動を
精力的に展開されてもいます。その成果は、『形而上学者ウィトゲンシュタイン
――論理・独我論・倫理』(筑摩書房、2002年)、『ヘーゲル現象学の理念』(創
文社、2002年)、『アインシュタイン物理学と形而上学』(創文社、2004年)、
『純化の思想家ルソー』(九州大学出版会、 2007年)など、近年陸続と刊行さ
れた一連の浩瀚な研究書にまとめられています。今回の特別研究会では、とくに
最近の先生のご研究のテーマである「道化師ツァラトゥストラの黙示録」を中心
として、自由に議論を交わしたいと思います。ニーチェはもとより、ハイデ
ガー、そして西洋哲学全般にわたる諸問題、広く哲学にかんしてご関心をお持ち
の方々に、ご参加を呼びかけたいと思います。予約不要、参加無料です。なお、
研究会終了後には、細川先生を囲んで懇親会の席を設ける予定です。

日時:7月26日(土曜日) 13:00~17:00
会場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 富士見校舎 55年館 6階 563教室(下記
URL参照)
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/campusmap.html
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/access.html
プログラム:
1.講演:細川亮一氏『道化師ツァラトゥストラの黙示録』について
2.特定質問者とのディスカッション 特定質問者:今崎高秀(法政大学)・瀧将
之(東京大学)
3.参加者とのフリー・ディスカッション
司会:齋藤元紀
*なお、事前に参加希望をお知らせいただいた方には、細川先生ご執筆の『道化
師ツァラトゥストラの黙示録』のテキストファイルを配布いたします。下記まで
ご一報ください。
連絡先:齋藤元紀(法政大学)
motokist[a]m6.dion.ne.jp
motokist[a]edu.i.hosei.ac.jp
メールでご連絡のさいは、[a]を@に直してください。
(以上文責:齋藤)
[PR]
by HeideggerAT | 2008-07-20 23:06

特別研究会のお知らせ―細川亮一先生を囲んで

特別研究会のお知らせ
細川亮一先生を囲んで
――『道化師ツァラトゥストラの黙示録』をめぐって――


今回、九州大学の細川亮一先生をお招きして、下記のとおり特別研究会を開催す
る運びとなりました。是非ともみなさまお誘いあわせのうえ、奮ってご参集くだ
さいますよう、ご案内申し上げます。

周知のように、細川先生は、『意味・真理・場所―ハイデガーの思惟の道』(創
文社、1992年)や『ハイデガー哲学の射程』(創文社、2000年)、『ハイデガー
入門』(筑摩書房、2001年)をはじめとして、ハイデガーにかんする周到緻密な
ご研究を展開されてきました。またハイデガー研究以外にも、多彩な研究活動を
精力的に展開されてもいます。その成果は、『形而上学者ウィトゲンシュタイン
――論理・独我論・倫理』(筑摩書房、2002年)、『ヘーゲル現象学の理念』(創
文社、2002年)、『アインシュタイン物理学と形而上学』(創文社、2004年)、
『純化の思想家ルソー』(九州大学出版会、 2007年)など、近年陸続と刊行さ
れた一連の浩瀚な研究書にまとめられています。今回の特別研究会では、とくに
最近の先生のご研究のテーマである「道化師ツァラトゥストラの黙示録」を中心
として、自由に議論を交わしたいと思います。ニーチェはもとより、ハイデ
ガー、そして西洋哲学全般にわたる諸問題、広く哲学にかんしてご関心をお持ち
の方々に、ご参加を呼びかけたいと思います。予約不要、参加無料です。なお、
研究会終了後には、細川先生を囲んで懇親会の席を設ける予定です。


 
日時:7月26日(土曜日) 13:00~17:00
会場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 富士見校舎 55年館 6階 563教室(下記
URL参照)
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/campusmap.html
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/access.html

プログラム:
1.講演:細川亮一氏『道化師ツァラトゥストラの黙示録』について
2.特定質問者とのディスカッション 特定質問者:今崎高秀(法政大学)・瀧将
之(東京大学)
3.参加者とのフリー・ディスカッション
司会:齋藤元紀

*なお、事前に参加希望をお知らせいただいた方には、細川先生ご執筆の『道化
師ツァラトゥストラの黙示録』のテキストファイルを配布いたします。下記まで
ご一報ください。

連絡先:齋藤元紀(法政大学)
motokist[a]m6.dion.ne.jp
motokist[a]edu.i.hosei.ac.jp

メールでご連絡のさいは、[a]を@に直してください。

以上
[PR]
by HeideggerAT | 2008-07-19 10:31