<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新著 論評会 上智大学ハイデガー研究会主催

ハイデガー研究会連絡


新著 論評会 上智大学ハイデガー研究会主催

轟 孝夫(とどろき たかお 防衛大学人間文化学科講師)著
『存在と共同 ハイデガー哲学の構造と展開』
(法政大学出版局 2007年5月 刊)

日時: 2007年11月30日(金)午後5時30分より(約2時間余)
場所:上智大学7号館3階 哲学科 大学院ゼミ室

論評会という形式での進行にするため、最初に轟氏の紹介の後、上智大学哲学研究科の大学院生たち(及びハイデガー研究会参加者)が上記の著書の主要問題を巡って、論点を提起します(有田:「存在と時間」の未完の問題 ― 著書第二章 ; 津田:存在問題の展開 メタ存在論 ― 著書第三章 ; 古賀:メタ存在論の展開 「民族の世界」の開示 ― 著書第三章 ; 赤塚:ハイデガーの労働論 根源的共同性へ向けて ― 著書第三章 ; 前田:主体性の形而上学 ― 著書第四章)。司会は、轟氏とも面識のある、当大学院博士課程の白井雅人氏にお願いしています。更に来聴してくださった皆様からの自由な質疑応答の後、20時頃から轟氏を囲んで一席設けることにします。どうぞ、大学院生、学部生を問わず、関心のある人は自由に参加してください。来聴歓迎!

2007年11月19日
上智大学ハイデガー研究会
文責  長町 裕司
[PR]
by HeideggerAT | 2007-11-30 20:04

ハイデガー研究会11月例会

ハイデガー研究会11月例会
日時:11月25日(日曜)15時―18時30分
場所:法政大学大学院棟7階703教室
プログラム1『プラトン、ソフィステース』(全集19巻)輪読会(15:00-16:50)
輪読範囲:第11節のC
訳読担当:庄子綾氏
プログラム2(17:00-18:30)研究報告、報告者:小林信之氏、報告題名「時と像」
[PR]
by HeideggerAT | 2007-11-11 17:39