「ハイデガーと解釈学」講演会報告

齋藤元紀さん「ハイデガーと解釈学」講演会報告

齋藤元紀さんによる「存在の解釈学」についての講演が、2012年8月31日(金)に東京ドイツ文化センターで行われました。
『存在と時間』についての解釈として現象学と解釈学がどのように絡み合っているのか、「解釈学」の歴史、初期フライブルクから『存在と時間』にいたる解釈学的方法の核心としての形式的告示、『存在と時間』に組み込まれた存在論の歴史解体のプラン等、盛りだくさんの内容でした。

f0057514_16572599.jpg

f0057514_16581243.jpg


40人を越える参加者から専門的なものを含む様々な質問がなされ、議論は大変盛り上がりました。ご参加のみなさま、どうもありがとうございました。
[PR]
by HeideggerAT | 2012-09-07 16:58
<< 連続講演「ハイデッガー『芸術作... ハイデガー研究会特別企画「ハイ... >>