ハイデガー研究会第三論集『科学と技術への問い』(理想社)刊行しました

f0057514_11463893.jpg

ハイデガー研究会のメンバーに村田純一、松本啓二郎、ペーター・トラヴニーの3氏を加えた15本の論考。巻末には科学・技術・芸術をめぐる独仏英文献案内を収録。ぜひご一読下さい。(http://amzn.to/NuSBAb)

『科学と技術への問いーハイデッガー研究会第三論集』山本英輔・小柳美代子・齋藤元紀・相楽勉・関口浩・陶久明日香・森一郎編、理想社、2012

<目次>

第一部 前期ハイデッガーにおける科学と技術

・「哲学と個別科学ー初期ハイデッガーにおける根源学としての現象学ー」池田喬、
・「解釈学の脱技術化ー前期ハイデッガーにおけるテクネー概念をめぐってー」齋藤元紀、
・「『存在と時間』期の科学論」鷲原和宏、
・「ハイデッガーと大学の理念ーヤスパースを手がかりにしてー」松本啓二郎、
・「使命としての知ーハイデッガー1934年の「言葉」を巡る転回ー」相楽勉


第二部 後期ハイデッガーにおける科学と技術

・「惑星と技術ーハイデッガーのエルンスト・ユンガー読解ー」ペーター・トラブニー(木村史人/庄司綾 訳)、
・「物と総かり立て体制ー『ブレーメン講演』再読ー」森一郎、
・「芸術と学問ージャコメッティの彫刻と空間の問題とをめぐってー」関口浩、
・「技術支配の時代における芸術ーハイデッガーとベンヤミンにおける芸術の享受者への問いー」渡辺和典、
・「尺度と同等化ー後期ハイデッガーの科学論ー」陶久明日香


第三部 現代における科学と技術ーハイデッガー的アプローチー

・「技術の創造性ーハイデッガーと技術の哲学ー」村田純一、
・「自己知・アスペクト・遮蔽ーハイデッガーとウィトゲンシュタインにおける「霊性の構え」ー」荒畑靖宏、
・「ハイデッガーの動物論の射程ー人間と動物との共存在の倫理へー」三谷竜彦、
・「<場>の謎ープラトン・ハイデッガー・場の量子論」小柳美代子、
・「ハイデッガーと精神科学の問題ー質的研究の興隆によせてー」山本英輔


科学・技術・芸術に関する独・仏・英ハイデッガー研究文献案内
監修:齋藤元紀
赤塚弘之、木村史人、金成祐人、嶋崎史祟、譽田大介、小手川正二郎、津田良生 編
[PR]
by HeideggerAT | 2012-08-22 11:47
<< 8月ハイデガー研究会例会案内 茂牧人著『ハイデガーと神学』合... >>