「ハイデガー『存在と時間』2017」 一般研究発表応募要領公開

下記のとおり、「ハイデガー『存在と時間』2017」一般研究発表応募要領が公開になりました。
批判的克服の試みから全く新たな読解の試みまで、『存在と時間』を巡る意欲的な発表をお待ちしています。
f0057514_21532667.jpg

***
ハイデガー研究会主催『存在と時間』90周年記念シンポジウム
「ハイデガー『存在と時間』2017」一般研究発表応募要領
2017/7/16
ハイデガー『存在と時間』2017事務局
 ハイデガー研究会主催『存在と時間』90周年記念シンポジウム「ハイデガー『存在と時間』2017」では、下記のとおり、一般研究発表を公募いたします。発表希望者は、下記の要領にしたがって応募してください。今回の一般研究発表では、応募者全員に発表の機会を設けます。発表内容は、『存在と時間』に関わりがあれば、ハイデガー以外の哲学者を主題としたものでも構いません。また、発表原稿はすべてオンライン・ジャーナル「Zuspiel(ツーシュピール)」に掲載、2017年内に公開いたします。公刊から90年を経た『存在と時間』、その抜本的な批判的克服の試みから、まったく新たな可能性を切り開く試みまで、意欲的な発表をお待ちしています。
応募要領
1.発表内容について
(1)ハイデガーの『存在と時間』に関わる内容の発表であること。
(2)発表内容は、『存在と時間』全体に関わるものでも、一部の概念や思想に関わるものでもよい。
(3)(1)(2)を満たすかぎりで、ハイデガー以外の哲学者を主題として扱ってもよい。
2.応募資格・発表者の選定・参加費について
(1)発表応募資格:2017年11月25日時点で大学院博士課程(博士後期課程)以上の者。
(2)発表応募者に対しては、原則全員に発表の機会を設ける。
(3)発表応募者は、シンポジウム参加費¥1,000を当日会場受付で納付すること。
3.発表枠について
(1)日時・場所 日時:2017年11月25日(土) 場所:立正大学
(2)発表枠は下記の①・②・③で複数枠を設定する。なお発表は35分・質疑応答は15分とする。
   研究発表①10:30-11:20 研究発表②11:30-12:20   研究発表③13:30-14:20
(3)応募者数により、発表枠数は変更することがある。
(4)発表者による発表枠の選択は原則不可とする。
4.応募様式・宛先・締切について
(1)発表希望者は、1000字程度の発表要旨をワードファイル形式にて添付し、送付すること。
(2)発表要旨は、別紙発表要旨フォーマット(ワードPDF)にしたがって記載すること。
(3)ファイルのタイトルは「ハイデガー2017【氏名】」と記載すること。
(4)発表要旨とあわせて、下記プロフィールをメール文面に記載し、送付すること。
  (なお、プロフィール情報はシンポジウム運営のためだけに使用し、それ以外の目的には使用しません)
******************************************
氏名       (ふりがな)
所属
郵便番号
住所
電話番号(緊急連絡先)​              
******************************************
(5)発表要旨とプロフィールは下記「ハイデガー『存在と時間』2017事務局」アドレスへ送付すること。
  heidegger2017[a]gmail.com*[a]を@に変更。
(6)送付締切は2017年9月23日(土)まで。
(7)発表者氏名・所属と発表要旨は、2017年9月末日までに特設ウェブサイト上にて公開する。
5.発表原稿について
(1)発表原稿は、別紙発表原稿フォーマット(ワードPDF)に沿って作成すること。
 *発表原稿はオンライン・ジャーナル入稿原稿を兼ねるため、可能な限りフォーマットに沿って作成されていることが望ましい。
 *なおフォーマットに沿って作成されていない場合、事務局がジャーナル掲載時にフォーマットに沿って形式を改変することがある。
 *字数上限は20,000字(400字×50枚)とする。
(2)2017年11月25日(土)当日の発表原稿は、オンライン・ジャーナル「Zuspiel(ツーシュピール)」に掲載、2017年内に公開する。
(3)発表当日の2017年11月25日(土)までに、発表原稿のワードファイルとPDFファイルを上記「ハイデガー『存在と時間』2017事務局」アドレスへ送付すること。
(4)発表原稿は各自印刷の上、当日会場に持参すること。
(5)発表原稿提出以後の校正・修正は原則不可とし、そのままオンライン・ジャーナルへ掲載する。
(6)発表原稿のオンライン・ジャーナルへの掲載は、発表を行うことを前提とする。発表のない原稿の掲載は、原則不可とする。
6.その他発表要領にかんする問い合わせは、上記「ハイデガー『存在と時間』2017事務局」アドレスまで。
*  *  *​
詳しくは以下特設ウェブサイトまで。


[PR]
# by HeideggerAT | 2017-07-16 22:02

特別シンポジウム「ハイデガー『存在と時間』2017」プログラム公開

ハイデガー研究会主催『存在と時間』刊行90周年記念シンポジウム​「ハイデガー『存在と時間』2017」プログラムが下記のとおり公開されました。みなさま奮ってご参加ください。
f0057514_21532667.jpg
***
ハイデガー研究会主催『存在と時間』刊行90周年記念シンポジウム​「ハイデガー『存在と時間』2017」
日時:2017年11月25日(土)
会場:立正大学品川キャンパス
協賛:岩波書店・法政大学出版局​
プログラム
    09:30-10:20 開会記念講演 森一郎(東北大学)
    10:30-11:20 研究発表① 複数枠設定予定
    11:30-12:20 研究発表② 複数枠設定予定
    12:20-13:30 昼休み
    13:30-14:20 研究発表③ 複数枠設定予定
    14:30-16:20 ワークショップ『存在と時間』の射程
           ①「関心」概念をめぐって(仮)
           コーディネーター:古荘真敬(東京大学)
           ②「意味・解釈・翻訳」をめぐって(仮)
           コーディネーター:渡邉和典(学習院大学)
    16:30-18:30 シンポジウム『存在と時間』2017
           パネリスト:高田珠樹(大阪大学)
                 相楽勉(東洋大学)
                 加藤恵介(神戸山手大学)
                 齋藤元紀(高千穂大学)
              司会:的場哲朗(白鴎大学)
​​   参加費:¥1,000 (当日受付でお支払い下さい)
***
詳しくは、以下特設ウェブサイトまで。

[PR]
# by HeideggerAT | 2017-07-16 21:50

『存在と時間』90周年記念シンポジウム「ハイデガー『存在と時間』2017」開催のお知らせ

『存在と時間』90周年記念シンポジウム「ハイデガー『存在と時間』2017」開催のお知らせ
f0057514_03305442.jpg
1927年に『存在と時間』が刊行されてから90年を迎える本年、
ハイデガー研究会では「『存在と時間』2017」と題し、
2017年11月25日(土)立正大学にて
特別シンポジウムを開催する運びとなりました。

刊行から90年、『存在と時間』については、これまでじつに多くの論者たちがさまざまに言及を行ってきました。わが国でも、これまでに刊行された『存在と時間』にかんする論文や研究書は膨大な数にのぼります。
わけても2007年には、秋富克哉・関口浩・的場哲朗編『ハイデッガー『存在と時間』の現在――刊行80周年記念論集』(南窓社)が刊行され、「成立と途絶」、「哲学知の諸相」、「種々の対決」という三つの局面から『存在と時間』の思想を総括する試みが行われました。
刊行から90年を迎えた今回のシンポジウムでは、そうしたこれまでの豊かな研究成果に加えて、近年の新たな研究動向をも踏まえつつ、専門研究者のみならず、幅広くハイデガーに関心を寄せる者が結集し、『存在と時間』の意義と制約をあらためて徹底的に議論しあうことを目指します。
開会記念講演では、わが国のハイデガー研究を代表する方をお招きし、ハイデガー研究のこれまでとこれからについてお話いただきます。
第Ⅰ部「研究発表」では、一般公募による研究発表を行います。ハイデガーのみならず、『存在と時間』に関心を寄せる研究者であれば、基本的にどなたにも発表の機会を設けます。
(応募要領の詳細は近日特設ウェブサイト上にて公開いたします)
第Ⅱ部「ワークショップ」では、現在活躍中の精鋭研究者たちがモデレーターとなり、最新の研究テーマをめぐって、討議を行います。
第Ⅲ部「シンポジウム『存在と時間』2017」では、わが国のハイデガー研究・哲学研究で著名な方々をお招きし、『存在と時間』の意義と制約について、フロアのみなさんと一緒に徹底的に議論していただきます。
なお、シンポジウム終了後は、懇親会も予定しています。
​*
『存在と時間』を存分に論じ尽す一日。
みなさまぜひご参加ください。
​*
なお、開会記念公演、一般研究発表、ワークショップ、シンポジウムの全原稿を収録したオンライン・ジャーナル​
Zuspiel(ツーシュピール)
も年内の公開を予定しています。
ご期待ください。

​主催:ハイデガー研究会
​​協賛:岩波書店・法政大学出版局


[PR]
# by HeideggerAT | 2017-07-13 03:32

ハイデガー研究会2017年7月例会案内

ハイデガー研究会2017年7月例会案内

日時:2017/7/30(日)14:00-18:00
場所:立教大学  7号館7301教室

1. 黒ノート輪読会 14:00-16:15
担当:森正樹(慶應義塾大学)  司会:上田圭委子(首都大学東京)
訳読範囲:Überlegungen VI, in: GA94, No. 77(S. 465)~ 85(S. 471)

2.研究発表  16:30-18:00
担当:木村史人(立正大学)
「技術と活動」

[PR]
# by HeideggerAT | 2017-06-22 18:11

ハイデガー研究会2017年6月例会案内

ハイデガー研究会2017年6月例会案内

日時 6月18日(日) 14 時~18時
場所 立正大学品川キャンパス3号館2階 324教室



1. 黒ノート輪読会 14:00-16:15
担当:上田圭委子(首都大学東京)  司会:丸山文隆(東京大学) 
訳読範囲:Überlegungen VI, in: GA94, No. 64(S. 459)~ 76(S. 464)

2.研究発表  16:30-18:00
担当:小平健太(立教大学)
「現代解釈学における弁証法の復権――ヘーゲルとガダマーをめぐる言語性の問題(仮)」

備考
当日は、閉門しているとのことです。
正門脇の「防災センター」横より、スロープをおあがりください。

[PR]
# by HeideggerAT | 2017-06-07 09:21

ハイデガー研究会2017年5月例会案内

ハイデガー研究会2017年5月例会

日時 5月28日(日) 14時~18時
場所 立正大学品川キャンパス 932教室(9号館3階)


1. 黒ノート輪読会 14:00-16:15
担当:丸山文隆(東京大学) 司会:瀧将之(上智大学) 
訳読範囲:Überlegungen VI, in: GA94, No. 51(S. 452)~63(S. 458)

2.研究発表
担当:中橋誠(電気通信大学)16:30-18:00
「Eigentlichkeitについて」


備考
当日は正門が開いております。
ただし、9号館1階の中庭からの扉は閉まっているとのことですので、
地下一階入口よりお入りください。

何卒よろしくお願い申し上げます。

[PR]
# by HeideggerAT | 2017-05-16 22:18

ハイデガー研究会2017年4月例会案内

ハイデガー研究会 4月例会案内

日時 4月30日(日) 14時~18時
場所 立正大学品川キャンパス 932教室 (9号館3階)

1. 黒ノート輪読会 14:00-16:15
担当:瀧将之(上智大学) 司会:森正樹(慶応義塾大学)
訳読範囲:Überlegungen VI, in: GA94, No. 43(S. 446)~50(S. 452)

2.『存在と時間』2017シンポジウム企画会議 16:30-18:00

[PR]
# by HeideggerAT | 2017-04-13 13:35

2017年3月例会(Ⅱ)報告

3月26日(日)に立教大学7201教室で行われたハイデガー研究会3月例会(二回目)には、学部生も参加していただけるなど、盛会となりました。その模様をご報告いたします。
f0057514_19382659.jpg
 「黒ノート」(金成祐人氏訳)検討会では、ÜberlegungenⅥの37から42までが、森正樹氏によって検討されました。37では、創造や歴史について議論され、若干の者にのみ到達できる僅かなものと多くの者に到達できる安易で凡庸なものとが対比されました。ユニークであったのは、単に安易で凡庸なものが否定的に捉えられるだけではなく、それらは稀なものや到達することが困難なものであり続けるために必要なものであるとされたことです。 38では、史学的ではない歴史へと到達するためには、存在者を転覆させる道と存在(Seyn) が変化する道の二つがあり、両者ともに互いを必要とし合うとされました。そして、39では、事物をより偉大なものにするかそれとも凡庸なものにするかが委ねられているがゆえに、現存在には特別な地位が属しているとされました。
 やや長めの40では、「われわれがどこに立っているのか?」という問いをめぐって、「われわれとは誰か(wer)」という問いが「どこ(wo)」の問いと密接な関係にあることが、「史学」や「心理学」とは異なった仕方で探求されるべきであることや、立つことがもしも現-存在の内へと出で立つことを意味するとすれば、われわれはまだ立っていないのではないかということが示唆されました。41では、ワーグナーやチェンバレンへと言及しながら、当時のニーチェ研究の状況についての不十分さが指摘され、42では創造と世界観との関係が議論されました。四月のハイデガー研究会例会(4/30)では、43から50までを検討予定です。
 後半のプログラム、加藤皓士氏による研究報告「本来的現存在において無性が持つ意味について ―投げられた根拠存在をどう理解すべきか」では、『存在と時間』における負い目ある存在(Schuldigsein)について、根拠存在や無力であること、被投性・事実性などの概念を照明しながら議論されました。その際、根拠存在としての現存在がすでにあるところ(世界や存在者の総体)から自己を企投するという点が強調され、ある可能性を選び取るときにはすでに自己の理解がなされてしまっており、この意味で存在可能性に立ち遅れていると指摘されました。そのうえで本来的に負い目ある存在になる可能性へと自己を企投することとは、これまでに選ばれなかった可能性を担い直すことであり、過去の選択を辿り直すことであると主張されました。
f0057514_19384274.jpg
 報告後の質疑応答では、企投における「無(Nicht)」の理解や事実性の解釈の確認のほか、根本気分である不安と本報告の議論との関係、本来性における負い目の位置づけ、そして本報告の主張である「可能性を担い直すこと」とは何かなどについて、活発に議論されました。
 次回ハイデガー研究会例会は、4月30日に開催予定です。ぜひご参集ください。

[PR]
# by HeideggerAT | 2017-04-05 19:39

ハイデガー研究会 3月例会(2)開催案内

ハイデガー研究会 3月例会(2回目)案内

日時 3月26日(日) 14時~18時30分
場所 立教大学 教室:7201教室(7号館2階)
*会場がいつもと異なりますので、ご注意ください。

1. 黒ノート輪読会 14:00-16:40
担当:森正樹(慶応義塾大学) 司会:串田純一(早稲田大学)
訳読範囲:Überlegungen VI, in: GA94, No. 37(S. 441)~42(S. 446)

2.研究発表   17:00-18:30
担当:加藤晧士(名古屋大学)
「本来的現存在において無性が持つ意味について」(仮)

[PR]
# by HeideggerAT | 2017-03-08 16:35

ハイデガー研究会2017年3月(1)例会案内

ハイデガー研究会2017年3月(1)例会案内

日時 2017年3月5日(日) 14時~18時
場所 立正大学品川キャンパス 522教室(5号館2階)
備考 正門が開いておりませんので、正門横の「防災センター」脇より
   入校していただきますようお願い申し上げます。

1.黒ノート輪読会 14:00-16:20

担当:串田純一(早稲田大学) 司会:木村史人(立正大学)
訳読範囲:Überlegungen VI, in: GA94, No. 31(S. 435)~36(S. 441)

2.研究発表   16:30-18:00
担当:神谷健(早稲田大学)

「前期ハイデガーにおける言語に関わる幾つかの概念について」(仮) 

*3月は26日(日)にも例会を開催いたします。詳細は後日ご連絡いたしますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

[PR]
# by HeideggerAT | 2017-02-16 12:10